7回の熊本での引越しについて

私は熊本生まれの熊本育ちで、県外には出たことはないものの、引越し貧乏といえるほど熊本県内を引越しし、学生のときから社会人になるまで7回ほど引越しをしてきました。

今思うと引越しをするのには敷金礼金で、1回につき熊本では家賃の4か月分が一般的だったので、金額で毎回20万の一時金を入れたことになり、合計140万円の敷金礼金を支払ってきたことになります。それに引越し業者に頼んだ引越し代金を1回平均3万円だったとしても、21万円となり合計161万円もの金額を引越しに使ってきたことになります。

また、引越しとなるとお金だけではなく、まず物件探しから始まり、荷造り、移動、荷解きがあります。荷造りの時点でダンボールなどにつめるときに、何を入れたかわかるように記載しておかないと、探すだけでも大変な時間を費やすことになります。さらに引越しには荷物の移動だけではなく、役所など住所の変更届け、電気、ガス、水道の廃止、新規手続きなど多くの手続きが必要です。役所などは平日昼間の変更しなければならないことも多く、会社を半日休んだりする人も多いのではないでしょうか。

すべて落ち着くのには約1ヶ月程時間がかかると思います。できる事は自分でして大型の家具・電化製品を引越し業者に残りを頼むことも方法の一つだと思います。 現在はもう熊本から転勤もない仕事ですので、実家のある熊本で一軒家を建てたことでもうアパートに引越すことはないと思います。

今ではお金は勿体無かったと後悔もしますが、引越しがあってこそのいろいろの思い出があり今があると思いますので、いい社会勉強だったと考えるようにしています。